2017年03月31日

2017年度ルール変更

2月26日の審判講習会においてルール変更が発表されたようです。
新ルールは4月1日以降の大会から適用される予定ですので、主な点を抜粋してお知らせします。

詳細は日本ライフル射撃協会のホームページ内の下記資料を参照してください。
http://www.riflesports.jp/upload/news_link/link_file/177/20170226_Summary.pdf

【2017年度ルール変更・抜粋】

■結果・計時・得点(RTS):
射撃用語における「審査」を、他のオリンピック競技と用語をそろえるために、これらの過程を示す用語「結果・計時・得点」に変える。

■紙標的ルール:
特に紙標的に関するすべてのルールはGTRの本体から外され、別添の「紙標的採点に関す るルール」としてまとめられる。このことにより審判が間違った採点ルールを適用してしまう原因となる混乱を 無くすことになる。

■ペーパーレス(サステイナブル)競技会:
組織委員会は、ワイヤレスインターネット接続が射撃会場で普通に利用でき、役員、コーチ、選手が射座割表、成績表や告示などをスマートフォンなどで見ることができるならば、紙を使わず、電子媒体でそれらの書類を配布、提供する方法を選択することができる。

■失格:
選手が試合中(本選またはファイナル)に失格となった場合、その選手のその種目の得点は全て削除される。

■装填の定義:
新しいルールでは「銃が装填されたとするのは弾や弾の入った弾倉が銃に接触したとき」と明確にされた。装填は「ロード」の号令の後にだけ行うことができる。

■ファイナルの演出と音楽:
ファイナルにおける音楽と実況解説は現在も要求されている。できることなら、音楽は予選や本選においても流すべきである。



■音声強調聴覚保護装置:
選手は当然ながら音声減衰聴覚保護装置を装着することができるが、射座内にお いては音声強調聴覚保護装置を装着することはできない。競技役員は音声強調聴覚保護装置を装着することが許される。

■携帯電話:
選手は自身の射座内において、携帯電話、手持ち式または腕時計型の通信装置を使うことはできない。

■コーチング:
2013年ルールではショットガン種目では言葉によらないコーチングが許された。新しいルールでは全ての種目において言葉によらないコーチングが許される。

■目かくし板:
ライフル、ピストルとショットガンの選手は1枚の正面の目かくし板(最大幅30mm)が使用できる。 側面の目かくし板(最大深さ60mm)はショットガンの選手だけに着用が許される。ライフル、ピストルの選手 は側面の目かくし板の着用はできなくなる。

■ライフルのサイトにおける視力矯正用レンズ:
ライフルの選手はそのリアサイトに1枚の視力矯正レンズを入れたり、装着することが許される。

■エアライフルの規格:
バットプレートの下端に関する現在の制限(銃口中心から220mm下方まで)は撤廃される。バットプレートとグリップの間は銃口中心から下方140mmを超える部分があってはならない。フォアエンドの最大の高さは90mmから120mmへ増やされた。

■エアライフルのバットプレート:
複数部品から成るバットプレートの出現により、バットプレートのオフセットの測定方法を変えなければならなくなった。測定はバットプレートの外側の端から行われる。バットプレートのどの部分もバットストックの中心線から30mmを超えてはならない。

■50mライフルの規格:
バットプレートとグリップの間は銃口中心から下方140mmを超える部分があっては ならない。どのような装置もストックから下方や外側に突出することは禁止される。

■ライフルウェイト:
銃身を除くライフルの各部に取り付けるウェイトは「ストックの基本形状の内側になければならない」(ウェイトはストックから突出することはできない)。ウェイトを取り付けるためにテープを用いること はできない。

■ライフルの2脚:
ライフルの2脚は射撃中はライフルから外すこと。

■ピストルのサイト:
光ファイバーや反射する色のサイトは禁止される。

■ピストルサポートスタンド:
ピストル選手は、練習、試合(本選、ファイナル)中に、高さ調整のできる「ピストルサポートスタンド」を台やテーブルの上に置いて使うことができるが、その全高は床面から1.00mを超えてはならない。

posted by 町ラ事務局 at 22:47| その他の活動

2015年11月25日

町田市長を表敬訪問しました!

10月13日に平成27年度東京都スポーツ功労賞を受賞したことを受け、11月25日(水)、町田市体育協会の役員5名と町田市ライフル射撃連盟の会長・副会長を含む5名で、町田市長を表敬訪問し、受賞を報告してまいりました。

石阪丈一市長の他に、町田市文化スポーツ振興部からも数名が同席し、想像以上に大々的なイベントでびっくりしたり緊張したり A^_^;) しかし、なにしろマイナーなスポーツなので先方も興味津々で質問してくださり、狩猟と標的射撃の許可の違い、クレー射撃とライフル射撃の違い、ライフル射撃競技がどのようなものか等を説明しているうちに、あっという間に時間となりました。終わってみれば、冗談も交えて笑顔の絶えない訪問でした。

hyokeihoumon1511_1.png

hyokeihoumon1511_2.png
posted by 町ラ事務局 at 22:53| その他の活動

2015年10月13日

平成27年度東京都スポーツ功労賞を受賞!

町田市ライフル射撃連盟が平成平成27年度東京都スポーツ功労賞を受賞し、会長の山田が10月13日(火)に都議会議事堂1階都民ホールで行われた表彰式に出席してまいりました。

平成26年と27年の2回にわたり、町田市体育協会より「1. 昭和46年の創設以来、市内のライフル射撃競技普及と安全管理・事故防止に寄与した。 2. 町田市体育協会が主催する市民祭のライフル射撃競技大会を主管し競技の普及に努力した。 3. 日ラ・東ラ・マスターズの大会に積極的に参加し、連盟独自に年3回の主催大会を開催してきた。 4. ホームページを開設しライフル射撃競技の広報・普及活動を展開してきた。」ことは「スポーツ普及に貢献している」として推薦され、その結果、今年度の受賞となりました。

ライフル射撃というスポーツは銃刀法に関わるため、一般のスポーツのように誰でも体験できるという性格のものではありません。しかし、エアーライフルを所持していてもどこの団体にも加入していない方、大学卒業後も射撃を続けたいと考えている学生などにオープン参加を呼びかけたり、これからライフル射撃を始めてみたい方向けに所持許可のいらないビームライフル種目での連盟主催大会参加を可能とするなどして、これからも競技の普及活動に努めてまいります。また、これらの活動を通して安全管理・事故防止の意識向上にも努めてまいります。

sports_korosho1510.png
posted by 町ラ事務局 at 22:00| その他の活動

2015年03月01日

銃刀法改正による申請書類変更

銃刀法改正に伴い、平成27年3月1日以降に許可・更新申請する際の書類が変更になりましたので、ご注意ください。
書類については警視庁のホームページ「申請様式一覧(銃砲刀剣類等申請様式)」からもダウンロードできます。

shinsei2015_1.png
shinsei2015_2.png
posted by 町ラ事務局 at 00:00| その他の活動

2014年12月01日

活動・競技会報告が引越しました

旧「活動・競技会報告」はブログシステムが古くなり、セキュリティ的にも弱くなってきたため、このたび今ご覧になっている新しい「活動・競技会報告」に引越しました。ブックマークされている方は、再設定をお願いいたします。

新しい「活動・競技会報告」のURLはこちら↓
http://machira.sblo.jp/

しばらくは旧「活動・競技会報告」も平行して残しますが、近いうちに閉鎖しますので、ブックマーク移行はお早めに。
posted by 町ラ事務局 at 00:00| その他の活動