2009年11月29日

改正銃刀法説明会報告

昨年11月の記事でもお知らせしたとおり、改正銃刀法が12月4日より施行されるにあたり、11月29日(日)に目黒区碑文谷体育館会議室にて東京都ライフル射撃協会主催説明会が開催されました。主な変更点は下記のとおりです。

【1. 射撃技能講習の導入】
従来の経験者講習に実技が導入されるものです。但し、経過措置として施行後初めての更新については免除され、2回目の更新から適用されます。有効期間は従来どおり3年ですが、ライフル銃の他に散弾銃も所持している場合は、それぞれについて受講する必要があります。
なお、下記の条件を満たしている場合、日本ライフル射撃協会からの技能講習免除の推薦が受けられます。推薦申請は銃の所持に関する推薦と同様に行います。
○日ラ会員であること
○1年に2回以上日ラ公認のG4以上の試合に選手として参加していること
    (役員での出役はカウントされない)
○種目はSBもしくはLBの3P120、3P60、P60、P40、P20のみ
○1回以上1級以上の点数を出すか、全て5級以上の点数であること

【2. 添付書類の追加】
欠格事項にに該当しないことを誓約する書類、および破産手続き開始決定を受けて復権を得ていないことを証明する市町村長発行の証明書。これらの書類の様式は警察署に用意されます。

【3. 精神科医による診断書の添付】
これまではかかりつけの内科医等による診断書が有効でしたが、今後は厚生労働大臣が指定する「精神保健指定医」または東京都公安委員会が認める医師による診断書が必要となります。これらの医師のリストは管轄の警察署に用意されています。
但し、現時点では公安委員会からこうした精神科医への内容の周知が進んでおらず、診断方法や診断にかかる日数・時間・標準的な費用なども試行錯誤の状態です。そのため、リストに掲載されている医師すべてが診断を受け付けてくれるとは限りませんので、その場合の対応については、警察担当者とその都度相談する必要がありそうです。

【4. 認知機能検査の実施】
所持許可申請時または更新申請時(許可満了日)に75歳以上になる場合は、申請時に認知機能検査を受検することになります。一般的な認知機能検査のような質疑応答の形で行われるようですが、どこでどのように実施するかは現時点で未定です。

【5. 更新申請期間の変更】
更新申請期間は、これまでは有効期間満了日の2ヶ月前から15日前まででしたが、施行後は有効期間満了日の2ヶ月前から1ヶ月前までになります。申請期間が短くなりますので、ご注意ください。

【6. 実包譲り受け・消費等に関する帳簿記載義務】
これまでの譲受書などの他に、実包の製造・譲り渡し・譲り受け・消費・廃棄をその都度もれなく記載した帳簿の記帳が義務づけられます。この帳簿はPCの出力紙のような紙一枚のものは認められず、複数ページ綴じてある帳面のようなものでなければなりません。日ラ発行の新しい射手手帳でも大丈夫ですが、消費欄への記帳だけでなく、購入なども記帳する必要があります。

【7. 18歳未満の所持者は自宅保管禁止】
すでに現在所持している者についても、保管業者による保管が義務づけられます。(移行措置なし)
とはいえ、保管業者や保管庫の数が圧倒的に不足しており、高校射撃関係者が対応に苦慮している現状です。

【8. 許可に関わる手数料の変更】
posted by 町ラ事務局 at 14:40| その他の活動

2009年05月20日

2009年度連盟総会

5月16日(土)、町田市立サン町田旭町体育館会議室において、町田市ライフル射撃連盟2009年度総会(原則として会員全員参加)が開催されました。
主な議題は以下のとおりです。

【1. 理事改選】
 2年間の任期満了に伴う改選。8名を承認。

【2. 連盟規約改正】
 昨年の「会員の種類」「役員の人数」「事務局の任期」改正に続き、時代や連盟の現状に則した内容にするため「活動内容」「役員の選出」について改正案が出され、承認された。

【3. 事務局より報告事項】
 昨年度の大会主催・参加実績、会員の増減、収支決算、及び今年度競技予定について報告。昨年度は2名が銃返納により退会、1名ご逝去、そして新井さんが入会。

【4. 連盟大会・市民大会の格付について】
 日本ライフル射撃協会において、競技会のG1〜G4格付が決定したことを受けて、記録公認などの観点から連盟大会・市民大会もG4要件を満たす必要性について協議された。詳細や開始時期については、東京都ライフル射撃協会にも確認をとった上で準備を進めることとなった。

【5. 推薦銃更新申請について】
 日本ライフル射撃協会推薦委員会の年6〜7回の委員会開催日に合わせるため、推薦申請は誕生日の5カ月前を目安に提出することを会員に周知。
posted by 町ラ事務局 at 11:20| その他の活動

2009年05月10日

都民大会 町田選手団結団式

5月10日(金)、町田市総合体育館において都民体育大会の町田市選手団結団式が行われました。町田市体育協会加盟のスポーツ団体の選手団が参加し、小体育館での結団式に続き、喫茶室「さるびあ」にて懇親会となりました。
posted by 町ラ事務局 at 12:25| その他の活動

2009年03月22日

東京都地方公認審判員講習会

3月20日(金・祝)、目黒区立碑文谷体育館において、東京都地方公認審判員の講習会が開催されました。
今年は競技規則の変更が大変多いので、ここでは東京都大会や支部大会において重要と思われるものを抜粋してお知らせします。詳細は、間もなく出版されるルールブックの最新版をご確認ください。なお、この競技規則は4月1日から施行されます。

【競技規則6.2.2.7.5改正】
「ストップ」の号令のあと銃に触れると失格になる

【競技規則6.14改正】
満点以外の同点順位の決定方法の変更
(1)全シリーズを通してX圏の数が多い方が上位
(2)最終シリーズの合計点が高い方が上位(それで決まらない場合は次のシリーズの合計点)
(3)10点の数が多い方が上位(それで決まらない場合は9点、8点…)
(4)それでも決まらない場合は、同順位だが、記録の記載はアルファベット順。

【競技規則6.3.2.8.4改正】
競技規則6.14の改正に伴い、ファイナル以外でもX圏の判定が必須となった。
・エアーライフルのX圏判定には、エアーピストルの外線ゲージを使用する。
・エアーピストルのX圏判定には、新たにエアーピストルX圏用ゲージを導入する。

【競技規則6.4.2.1改正】
競技会参加時の服装は公式行事にふさわしい服装でなければならない。よって、「迷彩」の服装は禁止する。

【競技規則6.15.4.1.1改正】
審査結果に対する抗議は、得点が発表されてから10分以内に行う。(これまでは20分だった)

【競技規則7.4.2.4.3改正】
300m競技において、可動式チークピースの位置を競技中に変更してはならない。

【競技規則7.5.1.1.11改正】
伏射姿勢において、右手や右腕は射撃ジャケット及びスリングに触れてはならない。(左利きの場合は逆側)

【競技規則7.5.1.4改正】
立射姿勢において、右肩と右胸の範囲外にライフルが触れてはいけない。(左利きの場合は逆側)

また、同じく4月1日より“競技会の格付け”が実施され、審判員の配置など競技運営体制によるG1からG4までのグレード分けが実施されます。
●G1…国体、全日本選手権など国内最高位の大会(段級受検無制限)
●G2…全日本社会人、全日本学生など(段級受検無制限)
●G3…全国ビストル大会、ブロック大会など(4段まで受検可能)
●G4…都道府県協会(4段まで受検可能)や市町村支部主管の大会など(東京ルールでは1級まで受検可能)
これに伴い、記録の公認要件として、従来の「日ラの公認射撃場で、公認標的を使用し、公認検定シールが貼られたを使用する」ことの他に、G4の審判員配置基準(審判員3名以上、うち1名は選手を兼務しない)を満たしていることが必要となります。
グレード区分と審判員配置表はPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
PDFファイルダウンロード
posted by 町ラ事務局 at 12:12| その他の活動

2009年03月11日

南大沢警察署が開署

4月20日(月)、京王相模原線南大沢駅近くに、南大沢警察署が開署します。
南大沢警察署は、八王子市南部と町田市北西部を管轄。そのため、開署日以降は、町田市内でも下記地図区域にお住まいの方は、銃砲所持許可等の各種申請手続きを行う場所が南大沢警察署になります。

minamiohsawa.jpg
(地図は「広報まちだ」より転載)

南大沢警察署の住所・電話番号については「ライフル射撃便利帳」ページをご覧ください
posted by 町ラ事務局 at 11:45| その他の活動